京大は要請書への回答を拒みました

7月12日(木)に、京大教育推進・学生支援部厚生課の窓口に元寮生の会理事4人が出向き、要請書への対応をただしました。概要は報道機関への報道機関経緯説明を参照下さい。

回答しないという判断に誰がどのような場で関わったか一切明らかにせず、判断や回答は自らの職務ではないと言い訳を繰り返しながら上司の課長への取り次ぎをしない不誠実な対応を続け、広原理事からの一喝も繰り返しありました。
要請書に回答したケースもあることを認めたため、今回の回答しない判断の根拠について説明を繰り返し求めましたが、説明を拒んだため、その場で5点について回答するよう申し入れました。過去2回(川添理事への面会要請、今回の要請書)の対応を踏まえ、1週間程度で返答があると考えていますと伝えました。

30分ほどの面会後、経緯説明文を京大記者室に投げ入れました。皆様にも意見をいただき、理事が集まって今後の対応について検討したいと考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です